EcoLiveForever

趣味に生きたい社会人。自由になりたい!

ルーズヴェルト・ゲームに学ぶ社内政治の大切さ

日曜日劇場『ルーズヴェルトゲーム』がTBSで放送されました。

 

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)



半沢直樹の次というわけもあって力の入れようがすごい。

そして何よりあの大人の駆け引きの深みがやばい。

日曜劇場『ルーズヴェルト・ゲーム』|TBSテレビ





今回はこうした出世する人しない人を含めて社内政治の大切さをお話ししようと思います。



結論から言いますと「社内政治は大事です」

当然ですね。

もっというと半沢直樹のような人はドラマの中ではかっこいいですが

やはり現実にいたら出る芽は摘まれる、杭は打たれるタイプだと思います。



単純に敵を多く作ってしまえばやられるのは当たり前ですね。



まず、「社内政治」とは何か?

たとえば分かり易いもので言うと「政党」のようなものがあって

社内の様々な派閥に分かれて出世を目指していくゲームがあるとします。

その中でいかに権力の強い人にごまをすったり、派閥の意見を通すかなど、

社内の人間関係を利用すること全般を指します。




派閥は案外、無意識のうちに形成されるので自分は●●派だとかないと思っている人も
いると思いますが、

どこの大学を卒業したのかや、あの課長に可愛がられているとか、
そんなちょっとしたことで実は派閥は分けられています。



ではその社内政治はどのように利用すればいいのか?

もちろん目標によって変わると思いますが、
出世したいのであればできるだけ上の人をつかまえて話を聞く、お酒を飲みに行くなど。

もしくは人事を考慮してほしいなら人事権のある人にそれとなく家庭の事情を伝えるなど。

様々ありますが大きく共通することは「ある特定の人と仲良くなること」です。

仲良くさえなれば好感度のある人に悪いことをしようとする人はなかなかいません。




~仲良くなるには?~




ようするに社内政治とは仲良くなること。

その仲良くなり方は人それぞれ!

でもそんなこといったら元も子もない。

というわけで、私個人なりのお近づき方をご紹介します。

参考になれば。



・若手会、課内飲みなどを積極的に開こう。

まずは幹事になりましょう。できるだけ自分に近い年齢層の人や課の人を巻き込みましょう。
社内政治はたしかに地位の高い人が最終目標ですが、社内政治の根幹はまず身近な人から。

同期会を積極的に開いて差を見せましょう。

若手の中で一目置かれるようにしましょう。



・若手の中で目立つようになったら次はもう少し上の人を誘いましょう。

至極当然な流れですが、この流れが大切。
あいつはいつもちょこまかと回るし、顔が広いと思ってもらえればチャンス倍増!

最初は少し上くらいがベストです。
徐々に色んな人を誘えるようになれば大丈夫です。



・飲み会以外のアプローチ

そうはいってもなかなか飲み会ばかりは開けませんよね。
飲み会嫌いな人も多いし、出費も痛い。

ならば喫煙室での会話、日常会話でもお近づきになれます。




「エレベータープレゼン」って言葉ご存知ですか?

文字通り、エレベーターの中にいる30秒でプレゼンすることなんですが、

あのジョブズもやっていたことで有名です。

ようは30秒で会話(プレゼン)することです。

スティーブ・ジョブズ(1) (KCデラックス)



30秒持たす会話の引き出しを多く持ちましょう!

30秒持つネタがあれば、その繰り返し、会話を広げるだけでどんどん会話が生まれます。



よくみなさんが使うのは天気の話。

「今日はいい天気ですねー」→「最近どうですか?」の流れ。



こんなことも立派なネタです。



あとは新聞。

社会人になると周りは結構新聞読んでる人が多いものです。

今日の一面の話でも、気になる記事の話でも、ゴシップでもいい。

アンテナは常に立てておきましょう。



雑学・薀蓄も使えますよ。

地下鉄に乗って移動しているときにふとこの○○線って昔は蒸気機関車だったみたいですよ。

なんて会話でもいいんです。



会話のネタ帳をぜひぜひ頭の中に作ってみてくださいね。

やはりしゃべっていて面白い人はまた次もしゃべってもらえます。

しゃべってもらえれば頭に思い浮かべてくれます。

ひょんなときに同期の中で名前が出る人になれば出世は間違いなしでしょうね。




こんな当たり前のことですが、「社内政治」を少し意識して行動すれば「人間関係」がよくなるはず!

社内政治力を高めて味方をたくさん作りましょう。

嫌な上司に真っ向から反対せずに、嫌な上司もにこやかにかわして逆転ゲームをはじめましょう。



本日はここまで。



半沢直樹 -ディレクターズカット版- DVD-BOX











トップへ。 同じテーマの記事一覧

12月30日は東証の仕事納め!取引急げ!【株について】

あぁ、お金持ちになりたい。

なにがアベノミクスだ。

 

まだ景気が庶民のところまで届いてないぞ。

ふところは寒いまま。

 

でも確実に『貯蓄から投資へ』の波はきている。

 

2013年は上場銘柄が多かった年。

2014年からはNISAが始まる。

政府主導で法制度の整備含めて、『貯蓄から投資へ』を促す出来事が目白押しだ。

 

 

 

しかし、何も、難しい話ではない。

 

要するに普通預金がうん兆円とある日本はもったいないね!

このお金有効活用したいね!

そのために税金下げたよ!

新しい制度もつくったよ!

ぜひ投資してみてね!

 

それだけのこと。

 

 

ちなみに私が活用し、運用しているのは、雀の涙ほどの給与とSBI証券で積立購入している投資信託が数種類、あとはちまちました国内株。

 

だが、不思議と負けたことがない。

たしかに今は日経平均株価的には好景気らしい?ので負ける方が難しいのだが、

儲かる人がいれば損する人もいる。

 

 

 

私が提案するのはあくまで『負けにくい投資』

勘違いしないで欲しいのが『勝つための投資』ではないという点だ。

 

 

投資には大きく分けて『積極投資』『バランス投資』『堅実投資』がある。

 

文字通りそのままだ。

 

『積極投資』はアクティブにダイナミックにドカンとかけて、ドカンと儲けるもの。

逆もまたしかりで負けるときはドカンと負ける。

 

一般的には割安株(値下がりして安くなった株)を全力で買う。その株の値段が上がったら売る。→余談だが、これを『逆張り型投資』という。

 

あるいは化けそうな株(これから大きく値上がりしそうな株。例:ガンホー株)に投資。値上がりしたら売る。

 

 

 

『堅実投資』は債券、社債とかあんまり株価が下がりにくいもの(たとえば景気の動きに左右されにくい業種。例:インフラ関係)へ投資して極端な上がり下がりはしないものの堅実に地味に稼ぐこと。

 

負けることはまずないが、儲けることもほとんどない。

下手すりゃ手数料とトントンくらい。

 

 

ここまでみれば賢い人はなんとなく話が見えてきただろう。

 

私がおすすめする投資術はずばりバランス型投資』

 

 

 

要するに『タマゴはひとつのカゴに入れるな』ということ。

 

タマゴを分けて保管すれば地震とかきてカゴが落ちても、落ちなかったカゴだけは無事なわけでしょ?

 

タマゴ=株や投資信託

カゴ=○○株、△△株とかの種類

地震=リーマンショックとかの大暴落

 

 
 

つまり!

いろんな種類組み合わせてね!

未曽有の事態が起こっても何かが下がれば何かが上がるような仕組みにしてね!

 

そういうこと。

 

私のポートフォリオ

・国内株

・国内債券

・国内REIT(土地、不動産関係の株や投資信託のこと)

 

・海外株

・海外債券

・海外REIT

 

新興国

新興国債券

新興国REIT

 

の9つをだいたい国内4割、海外3割、新興国3割に月々積み立ててる。

 

 

この場合の新興国は人によってまちまちだけど、

私の中で『これから上がりそうな地域』をそう呼んでる。

 

・東南アジア(バングラディシュ、インドネシアベトナムパキスタン、マレーシア)

・中東(サウジアラビア、ドバイ、イラン、トルコ)

・南米(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、コロンビア)

・アフリカ(南アフリカ・ナイジェリア・エジプト)

 

あたりかな。

ちなみにBRICSは少し古くなってきたらしい。(提唱は2000年ごろ)

 

月々積み立てっていうのもミソだね!

 

『積み立て』とは毎月1000円ずつとか10000円ずつ投資していくこと。

 

普通、株式って1株500円で売買単位は100株から。とかなってます。

 

つまり株買いたければ1株×100株で50000円最低でも必要になる。

あと証券会社によって手数料がかかる。

 

でも雀の涙ほどしか給料がないサラリーマンにとっては50000円はなかなか出せない。

 

だから毎月決まった日にちに10000円ずつ投資して、5か月後に100株分買ったことにできる制度がある。

 

投資信託も同じ。投資信託の価格を表す基準価格は1万口当たりの価格。それに満たない金額で買えば、

例えば200口分だけ買うとかも可能。

 

株式の場合は単元未満株っていう。1株あたりの値段に満たない金額で買えば0.3株分とか買える。

 

 

毎月積み立てることは『資金がない』人にとっても有効だが、

もちろん他にもメリットはある。

 

『高値づかみ』をさけられるという点。

 

 

 

今みたいに株価があがって高い状態でいっぺんに買うよりも

安いときに買った方がいいですよね。

 

売るときに買った時より高くないと利益出ないですからね。

 

でも素人には安い時、高い時もよくわからない。

もっといえば仕事中に安くなっても職場で株取引なんてできない。

 

そんな購入時のリスクを軽減させるのが積み立て。

 

徐々に毎月コンスタントに買ってくれるから高値でつかんだ月も安く手に入った月も平均的に毎月決まった金額ずつ買ってくれるからリスクが分散される!!

 

 

まとめです。

 

1月から税金あがります。

2013年の取引きは12月30日までです。いそげ!

1月以降はNISAしましょう。

 

タマゴはひとつのカゴに入れないようにしましょう。

毎月積み立てで買いましょう。

 

 

以上!

トップへ。 同じテーマの記事一覧

上原選手の息子の一真くんに学ぶ英会話術

2013年も終わりに近づいた今日この頃。

実家に帰り、つかの間の休息。

 

社畜にとってこの9連休はでかい。

 

寝正月にしないためにもいろいろやろうとは思っているんだが、

 

いかんせん実家の周りに何もない。

 

悔しいかな、悔しいかな。

 

 

 

そんなわけでテレビ見てたんですよ、テレビ。

 

上原選手がもうね、テレビでまくってるの。

 

インタビューうけた息子さんの英会話術がすごいと思ったので久しぶりに更新。

 

 

 

Good!

Crazy!

I don't know!

 

なんとこの3つしか使ってない。

 

 

でも単語さえわかれば英会話は成り立ってしまう。

 

日本でも中国人とかが「りんご、ひとつ」っていったら

 

あ、りんご欲しいんだなって分かるでしょ。

 

 

 

英語も一緒。

流暢ではないにしろ、単語のレパートリーさえあれば会話はできてしまう。

 

あとは少しでも構文、あるいは例文を覚えておけばそれなりに話せてしまう。

 

観光する際につかうものとしてこれで十分。

ガイドさんとか通訳つけずにアメリカ行けるよ。

 

実際にいった自分が証明ですよ。

 

 

そんな英単語や例文はどれ見りゃいいの?

 

 

中学の時の教科書で十分。

 

日本で教えられている英語は固い表現なんだそうだ。

だから日本で作られた英検なんかは逆に英語圏の人にとっては難しいらしい。

 

基礎という意味では中学まででよくて、高校以降で習う英語はオーバースペックすぎる。

 

 

単語はターゲット1900くらいで。

例文は中学の教科書で。

 

 

 

 

 

 

中学の教科書とかっていま、学びなおしたい社会人を中心にじわじわと売れているのだそうだ。

 

 

 

 

 

 

たとえば山川の世界史・日本史。

 

 

 

 

重要なところだけが凝縮されていて無駄がない。分かり易い。知識の焼き直しの近道。と評判だ。

 

この9連休を期に学びなおして脳に刺激を与えてはいかが?

 

 

ちなみに私は、高校時代につかっていた英語の参考書をぼーっと見ている。

 

 

 

 

会話もメールも 英語は3語で伝わります

 

来年はこの知識をつかって海外旅行をしてやろうと模索中。

トップへ。 同じテーマの記事一覧