EcoLiveForever

趣味に生きたい社会人。自由になりたい!

ストレスに負けそう

はい。ストレスに負けそうです。

 

毎日、1回以上は『あぁ、死にたい』とか思います。

平均して毎日10回は思いますね。

 

そんなとき、どうするか・・・

 

何かのお役に立てるか分からないですが

私の思考法を紹介します。

 

 

 

《前提》

まず、前提として、どんなときにそう思うのか。

 

・些細なことでイラっとしてしまい、そんな自分に自己嫌悪

・仕事でミスしたり、怒られたりしたとき

・今月赤字だ~ってとき

 

文字にするとしょうもないことばっかですね。

 

あとは将来のこと考えて勝手に凹んで、不安になるときも死にたいとか思います。

 

 

《プロセス》

①上記のしょうもない理由で『死にたい』あるいは『もう消えてなくなりたい』

と思う。

 

②まぁ、もうどうせ死ぬんだから好きなことやって死ぬか!ゲームの電源ぽちーっ。

 

③気づいたら死ぬ気なくなっている。

 

 

えぇぇ。そんなもんです。

『死にたい』とか『消えてなくなりたい』って考えには持続性がありません。

 

例えていえば『怒り』を消すプロセスや『たばこの禁煙』のプロセスとまったく同じなんですよね。

 

すげぇムカつくことがあっても→頭の中で10秒数える→気が付いたらおさまってる

たばこ吸いたくなっても→頭の中で10秒数えたら→吸いたい気持ちも和らぐ

 

つまり、

 

死にたくなっても→頭の中で10秒数えたら→死ぬ気削がれてる

 

実はそんなもんなんですねぇ。はい。

 

 

ひとつ注意点としては『死ななきゃ!今すぐ死ななきゃ!』って思うタイプの方は

やはり病院で診てもらうレベルの方ですのでこの思考法では足りません。

 

あくまでも『はぁ、死にたいなぁ』レベルの方に有効な思考法です。

 

病気の重症度によっては上記思考法では足りない(=要投薬治療レベル)です。

 

 

 

死にたいままで生きています。

 

 

 

《まとめ》

 

『死にたい』『消えてなくなりたい』って考え自体は誰しも思うことです。

 

だからその考えを否定しすぎたり、こんな考えをしてしまう自分なんて・・・

と悲観したりすると逆に意識しすぎてしまうようになります。

(負のスパイラル入っちゃいますね)

 

では、逆に『死にたい』『消えてなくなりたい』を無理やり消さずに

『1・・・2・・・3・・・』と数数えたり、他ごとをして気を紛らわすこと

いいと思います。

 

ただし、『死ななきゃ』と死ぬことを使命として考えてしまうような人は素直に病院に行きましょう。

 

どんな人間も『死ななきゃいけない』人なんていません。

あなたは『生きていなきゃいけない』人ですよ。『生きてていい』人なんですよ。

 

自分を好きになろう うつな私をごきげんに変えた7つのスイッチ